結婚指輪と婚約指輪の違いとは?

結婚という言葉を聞くと思い浮かぶのは結婚式やウェディングドレス、そして指輪ですよね。

女性であるとだいたいの人が婚約指輪と結婚指輪を男性から渡されることになります。
婚約指輪と結婚指輪は一見同じように感じますが、貰う時期やつける時期はまったく違います。

そこでここでは私の経験談をふまえて、結婚指輪と婚約指輪の違いをお話ししようと思います。
参考までに読んでいただけると幸いです。

婚約指輪とは?

婚約指輪とは一般的に結婚をしようと男性から女性に、結婚の申し込みをする際に渡す指輪です。
よくドラマなどでも男性が膝をついて「結婚して下さい」などプロポーズをして渡していますよね。

いわゆる結婚をする予定ですよということを証明するものです。あくまで男性から女性に渡すものです。
プロポーズされたからといって四六時中つけていなければいけないものでもないですし、結婚した後もずっとつけておくものではありません。

それに、必ずしも結婚を申し込む瞬間に婚約指輪を渡さないといけないというわけでもなく、プロポーズの後に一緒に買いに行く人もいれば、金銭的な理由で渡せないという人もいます。

私の場合、プロポーズの後2人で買いに行きました。
婚約指輪といえば給料3ヶ月分の値段や、何カラットかダイヤが付いているというイメージですが、式や旅行にお金をかけたかったのと、婚約指輪と結婚指輪の両方をずっとつけていたかったのでほんとに小さいダイヤが埋め込まれている細めの指輪を買って貰いました。

おそらくまれなタイプだと思います。
この様に貰い方、つけるタイミングなどはそれぞれですが、簡単に言うのであれば、結婚をする前に渡すものが婚約指輪ということです。

結婚指輪とは?

結婚指輪とは婚約指輪を渡されたのちに、貰うものです。何よりもいちばんの違いは男性と女性の両方がつけるものです。

こちらも一般的にですが、つけるタイミングとしては、結婚式で指輪の交換をした時や式を挙げたり入籍をしたりなど結婚自体が形になった時です。

結婚式を挙げない人はだいたい入籍以降につける人が多いと思います。

この為、先ほど述べた婚約指輪の様な、男性が事前に用意をするというよりは、2人で買いに行き同じ時に指にはめます。
職場の状態、仕事内容にもよりそうもいかない人もますが、結婚をしたらほとんどの人がこの結婚指輪を一生身につけるのではないでしょうか。

結婚指輪をつける時は男性も女性も左手薬指につけるのが決まりです。
それ以外につける人はそうそういないと思います。その為、結婚をしているかどうかを見た目で判断する際に1番見られる所だと思います。

事務手続き上は婚姻届を提出することが結婚をしているということの一番の証明ですが、結婚指輪は結婚をしていますとパッと見た目で記すものになります。

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪の違いは、まず、見た目で言うと婚約指輪はダイヤなどがついているゴージャスなものが多いです。
もらった後は常につけると言うよりほとんどの人が保管をしていて、パーティーや子供の入学式がある時につけたりします。

結婚指輪は一生身につける人がほとんどです。その為、婚約指輪のようにがっつりダイヤが飛び出た状態だと仕事や家事、育児などに支障をきたしてしまいます。

ダイヤがあってもリング自体に埋め込まれているのがほとんどです。
つける場所も違い、結婚指輪は先ほど言ったとおりですが、婚約指輪は結婚指輪をつけるまでは左手薬指につける、という人もいれば結婚指輪しかそこにはめたくないから右手薬指につける人、それ以外につける人もいてあまりこれといった決まりはありません。

ちなみに私は結婚指輪をもらうまでは婚約指輪を左手薬指につけ結婚指輪をつけるようになってから右手薬指につけるようになりました。

簡単にまとめると、結婚する前につけるものが婚約指輪で、結婚をしてからつけるものが結婚指輪です。

まとめ

書いていくうち思ったのですが、婚約指輪と結婚指輪はやはり似ている部分が多いです。
結婚といえば!というものなのでどちらも必要に感じますが、どちらかと言うと婚約指輪は必ずもらわないといけないことはないうような感じがします。

これはあくまで私の考えにはなってしまうのですが、指輪をもらうということより結婚をするということが大事ではないのかなと思います。

その上、自分だけ大きなダイヤがついてお金をかけられた婚約指輪をもらうよりも、2人で選んで同時につける結婚指輪の方がより嬉しさが増すのではないでしょうか。